Follow your dreams

FFFTPを使ってPDFや音声をアップロードしてURLを作成する方法

WRITER
 
FFFTPでサーバーに音声やPDFをアップロードする方法
この記事を書いている人 - WRITER -

 

FFFTPを使ってPDFや音声をアップロードしてURLに変換する方法の説明をします。

 

 

FFFTPの導入方法は別動画記事で説明していますので、導入してない方はコチラを先に参照して下さい。

 

今後、無料レポートやメルマガ会員向けにPDF、音声、動画などを配布するケースが出てくるかと思います。

その際にFFFTPを使って直接自分のサイトに置く事で専用のURLを配れるようになるので、実際にどのようにするのか説明します。

 

 

 

 

ファイルをアップロード

 

 

FFFTPを起動して接続したら、設置したい場所(基本的にはWordPressをインストールしているドメイン)をダブルクリックして、その中の「public_html」をダブルクリックします。

 

WordPressをインストールしているpublic_htmlを開く

通常はこのパブリックHTML直下にPDFや音声などを保管しておく事で配布が出来るようになるのですが、まずは管理しやすいようにフォルダを作成します。

 

フォルダ作成アイコンをクリックすると、フォルダ名の入力画面がポップアップされるので、任意の名前を入力します。文字化けなどの可能性もあるため、フォルダ名、ファイル名共に、英数字で入力しましょう。

フォルダ作成ボタンをクリックフォルダ名を英数字で入力

 

フォルダを作成出来たら、実際に、このフォルダの中にpdfファイルをアップロードしてみます。

 

先ほど作成したフォルダをダブルクリックして開いた状態にして、アップロードファイルを右クリック→アップロードをクリック。

サーバーにアップロードしたいファイルを右クリックからアップロード

 

サーバー(WordPressをインストールした【public_html/PDF】)内にアップロードされました。

アップロード完了

 

サーバーへのアップロードが完了したら、実際にURLを作成します。

 

 

アップロードしたファイルのURLを作成

 

 

サーバーにアップロードした方のファイルを右クリックして「URLをクリップボードにコピー」をクリックします。

ファイルを右クリックしてURLをコピーを選択

 

コピーが完了したらテキストエディタに一度貼り付けてみると、このような構成になります。

ftp://○○.xserver.jp/nuuuuuuuuuuuuuuuno.work/public_html/PDF/start-google.pdf

 

ドメイン名の左側の、「ftp://」からはじまるのが利用しているサーバー名なのですが、「ftp://サーバー名」をまずは「https://」に置き換えてみます。

https://nuuuuuuuuuuuuuuuno.work/public_html/PDF/start-google.pdf

 

配布用のURLに成るまではあと一段回必要です。最後に、「public_html/」を抜き取ると、完成です。

https://nuuuuuuuuuuuuuuuno.work/PDF/start-google.pdf

 

上記URLでアクセスしてみると、実際にPDFをブラウザで閲覧出来るようになりました。

作成したURLでアクセスしてみると、実際にPDFをブラウザで閲覧出来るようになりました

 

 

Copyright© ぬーのが贈る自由への道 , 2022 All Rights Reserved.