Follow your dreams

【今日やるべき事は今日やろう】明日の自分はスーパーマンじゃないという事実

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

〽ダーイエットは明日から~

僕たち30代以上の世代は皆知ってるフレーズ。

 

味の素のパルスイートという、糖類ゼロの人工甘味料のCMで使われていたフレーズです。

このCMを知らない若い人でも、
明日からダイエット頑張るからちょっと甘えちゃおっと

って考えに至った事がある人は多いと思います、、、笑

 

 

明日の自分はスーパーマンではない

 

 

記事冒頭ではダイエットを例にしましたが、様々な分野で起こる心理的な作用。

 

目の前のちょっとした困難を避ける為に、未来の自分に無責任に放り投げる訳ですが、そんな事を繰り返した未来の自分も、また未来の自分に放り投げる無限ループ。

 

どこかで、そのループを断ち切らないと前に進めません。

 

未来の自分は今の自分の延長線上にある。だから、今日やる事を今日しっかりとやれば、未来の自分はスーパーマン。

 

これが正しい考え方です。

 

・・・とはいうものの、中々難しいんですよね。

僕とかもずっと無責任に未来の自分に頼り続けてましたから、、、笑

 

という訳で、オススメかつ一瞬で出来る対処方法を教えます。

 

面倒だという信号が出た瞬間に動く

 

 

もう答え書いてしまっていますが、目の前のやるべき事に対して、「面倒だな~」っていう信号が脳から発せられた瞬間に、何も考えずにとにかく動く。

 

これ、本当に効果がバツグンです。

一歩さえ踏み出せてしまえば、やり始めたらやる気が湧くという”作業興奮”が発動してくれます。

 

 

特に、新たなチャレンジに挑んでいる方は騙されたとおもって、この考え方を採り入れてみて下さい。

 

そして1ヶ月後になったら振り返ってみましょう。大きく変わっているハズです。

 

そうする事で、藤子不二雄A先生の名言である「明日やることは今日やるな」という考えに繋がっていくのです。

 

 

「明日やることは今日やるな」に繋がる

 

 

藤子不二雄A先生の大傑作青春マンガである、「まんが道

 

漫画内では藤子不二雄(藤子A、藤子F)の子ども時代から漫画家時代に至るまで多くのエピソードが盛り込まれており、全編通して読み応えがあるのですが、その中でも強く印象に残っている場面があります。

 

漫画家として一定の成功を収めつつある頃のエピソードなのですが、相方の才野(藤子・F・不二雄先生)と連載を8本抱える中、実家の富山に帰省した際に緊張の糸が切れて殆どの原稿を落としてしまうという事件が起こりました。

 

色々と引き受けてしまったり、前倒しに原稿を仕上げる事を続けたりと、明らかなオーバーワークが故に起こってしまったんですよね。

※その後は、しっかりとペースを守るために連載本数を抑えてヒット作に繋げていくなどの描写があります。

 

未読の方は是非!

まんが道1巻

明日やる予定を頑張って本日中にやった所で明日は来るし、それを続けたら只の”辛い日常”になるし、欲張りは続き、欲に潰れます。

 

これは何も、ただラクに進めていこうという意味ではありません。

 

サボろうという訳でなく、今日やることをやりきったら明日への活力の為に褒美としてしっかりと休む事が肝要。

早く結果を出すのは大事ですが、継続していく事も非常に大事です。

 

習慣化に関するお話も他の記事でやる予定です。

Copyright© ぬーのが贈る自由への道 , 2022 All Rights Reserved.