Follow your dreams

新たなチャレンジや人生の転換期には色んな事が起こるよねという話

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

人生の転換期に良いことも悪いことも含めて色んな事が起こる

これは結構聞く話だと思うんですけど、実際に自分に、しかも立て続けに色んな事、特にトラブル系が起こりまくったので記事にしました、、泣

 

一応、心の準備みたいなのはしてたつもりなんですけど、実際に喰らうとビビリますねw

 

僕のような思いをしている方も結構いらっしゃると思います。

ただでさえ、新たなチャレンジは不安で一杯なのにトラブルも重なったら、たまったものじゃないです。

 

トラブルとの向き合い方も含めてまとめたので、この記事を読んで少しでも気が楽になってくれれば幸いです!

 

 

 

 

 

人生の転換期に訪れる前兆、サイン

 

 

僕がノウハウコレクターで停滞していた時期に、コレクターなので色んなメルマガや教材とか本みたいなのを読み漁ってた時期がありました。

 

その際に、「人生の転換期にはトラブルとか不調みたいなのが起こるよ」的なものが書かれていたんですね。

 

以下の現象が代表的な前兆、サインです。

 

  • 病気、体調の変化
  • 大切な人との別れ
  • 身の回りのモノ、特に電化製品が壊れたりする
  • 懐かしい人に遭う
  • 人間関係の変化
  • トラブルが起こる
  • 引っ越しをしたくなる
  • 言いようのない不安に襲われる

 

スピリチュアル的なものはあまり信じてないというか気にした事が無かったので、ほんとかよ~、と思いながらも、僕が尊敬している人たちも1人ではなく何人も同じような事を語っていたので、無意識の行動の変化によるものなのかなという程度の認識で心に留めていました。

 

しかし、実際に僕自身も新たなチャレンジや転換期にドンピシャで本っっ当に色んな事が立て続けに起きたんです。

 

これはフィクションではなく、ノンフィクションです。

大げさな表現は一切していません。

 

 

実際に僕に訪れた出来事

 

 

プロフィール欄にも書いてますが、コロナ禍をはじめとした様々な出来事が立て続けに身の回りに起こり、イチからブログとメルマガを作り直す事に決めたのですが、その時に起こった出来事から。

 

(1)実際にブログを作り直し始めてから、全て前後1週間以内に起こった出来事です。

 

  • ゲーム用の保存ドライブ(Steam専用のSSD)がクラッシュ。SATAケーブルは問題無しで、買って半年のSSDの故障。
  • スタート初日に、住んでるところを大家の家族の都合で、引っ越しにまつわる費用を全額負担するので明け渡してくれないかと告げられる。
  • インターネットの瞬断(マンション管理会社や回線業者に尋ねても原因不明。同じルーターなどの環境で1ヶ月後に正常に戻る)
  • 10日ほど、目眩に悩まされる。今まで殆ど目眩の経験無し
  • 当選確率500分の1くらいの抽選が当たる

 

Steamという、PCゲームの配信プラットフォーム用に使用してたドライブがクラッシュしたのは本当にビビリました。

暫くはゲームやめて作業に集中しろ

 

って、言われたような気がして止めました。実際に凄く集中出来たのでSSDがクラッシュした事に感謝しています。

 

前兆やサインの項目で”引っ越し“があったので、

家族がテレワークで使いたいと言ってるから、引っ越し代と敷金礼金を全部払うので良ければ引っ越しをして欲しい。って大家さんから相談を受けた時には、

 

「来たか・・・!」

 

と、ちょっとハイテンションな感じでした。多分、軽くニヤニヤしてたと思います。気持ち悪いですね。

 

しかも、再スタートを切った当日ですからね。

本当にこんな事あるんだ、と他人事のように感心してました。

 

地味に一番困ったのは、インターネットの瞬断。1時間に10回程度、ほんの一瞬だけ通信が止まる現象。

マンション管理会社や回線業者に装置やLANポートをチェックして貰うものの、正常。電源タップ、LANケーブルやルーターを変えても症状変わらず。

 

作成したノウハウやセミナー系動画をYouTubeにアップする時とか、何回かエラーになったりするんで、ギャンブル感覚でアップロードしてました。

ちゃんとアップ出来た時なんかは、

 

「お、当たった♪」

 

みたいな、変な事言ってました。

 

アップロードは何回かやり直せば良いのですが、SkypeやDiscordとかだと瞬断は致命的。

SkypeやDiscordの通信量だとモバイルルーターを契約するほどでも無かったので、携帯会社のデザリングオプションを申し込んだんです。

 

そしたら、申し込んだ3日後に、瞬断の症状が突然治りました。

ルーターとLANケーブルを従来のものに戻しても瞬断起こらず。

 

 

(2)続いて、提供しているサービスの初めての申込みがあった当日(!)に、4年ぶりにマンションの火災警報が出され、深夜に避難。

その後、1週間で3回警報が出されましたが、幸いにも全て誤報でした。機器の交換はしなかったみたいですが、その後は数ヶ月経った現在、何も起こらず。

 

(3)最後に、新たな試みとサービスを導入した前後1週間の出来事。

 

  • 歯の被せ物が取れる
  • 5年ぶりくらいに鼻血が出る
  • 鼻血が出た日に謎の決済エラー(カード会社に確認しても全く問題なし。サービス側もレアケースすぎて不明との回答。数日後に問題なく決済出来ました)
  • 目眩再発。2日ほどで治った。
  • エアコンの室外機が壊れる
  • 落としたりしてないのに、茶碗が割れる

 

 

思わず

わしゃ呪われてんのか!漫画かよ笑

って口に出ちゃいました。

 

原因不明の症状も実はちゃんとした原因があるとは思うんですが、同じタイミングで立て続けに起こるのはやっぱり不思議です。

 

予め知ってないと相当動揺したと思います。こんな事あり得ませんからね。

短期間で数多のトラブルに遭う人って、ゲームとか漫画の世界の話だと思ってました。

 

第三者の介入を、感じる・・・
というのは大げさですけど、ほんとわざとかってくらい喰らいまくりましたね。トラブルを。

 

以上の出来事を知人に話したところ、

よく心折れなかったな

 

と、感心していたのですが、これは数年前から僕自信の思考の癖を意図的に変えたから、心折れずに対処出来たんだと思います。

 

その思考の癖とは、「プラスのラベルを貼る」ようにした事です。

 

 

プラスのラベルを貼ることが大事

 

 

詳しくは、成功に必要な3つの要素という記事で説明していますが、

 

  • マイナスのラベルを貼る=原因と対処を「殆ど外になすりつける」 例:依存気質、悪質クレーマー
  • プラスのラベルを貼る=原因と対処を「殆ど内面に求める」 例:自己改善

 

原因と対処を内面に求めるという事は、すなわち「コントロール可能領域を拡げて結果を主体的に変える」という事に繋がります。

 

陰陽道の太極図を見るとイメージしやすいのですが、陰と陽は常に融和するように重なり合っており、更に陰の中に陽、陽の中に陰が存在しています。

太極図

※白→陽、黒→陰

 

 

「ピンチはチャンス、チャンスはピンチ」「物は考えよう」という言葉もあるように、物事に対して、どう捉え、受け入れ、どのラベルを貼っていくかは自分次第で、それによって結果が変わっていきます。

 

特に新たなチャレンジというのは、ホメオスタシスが働きメンタルブロックが形成されて、ただでさえ大きな不安に包まれるものです。

 

ただでさえ不安で一杯なのに、更にトラブルが多発してしまうとたまったもんじゃないですからね。だからこそ、プラスのラベルを貼る癖を身に着けておく必要があります。

 

ホメオスタシス=生体恒常性。変化を止めようとする働き。

生体が外的・内的環境の絶えざる変化の中におかれながら、形態的・生理的状態を一定に保とうとする性質が、心理学でも用いられています。

 

変わる時に、強く働く。

 

僕のコミュニティメンバーにも、そういう体験をした人が沢山います。

そういえば、経営者とかでスピリチュアルに造詣のある人って結構いるイメージなんですけど、皆そういう体験をしてるからかな・・・

 

決まって新しい事にチャレンジする時に何か不調だとか、機械系の故障が起きます。

いや~、不思議ですね。

 

※ここで注意して欲しいのが、ネガティブ思考の人=マイナスのラベルを貼る人という訳じゃありません。

ネガティブ思考特有の気付きで改善に繋げる人も多数います。

 

ネガティブ思考は立派な個性です。

 

新たなチャレンジや転換期にトラブルとか体調の変化などが起こった時は、

「お~めっちゃ転機の真っ最中にいるー!」「なかなか良い試練与えんじゃん!」

 

みたいなマインドでどっしりと構えておくのが理想ですね!

 

まとめ

 

 

野毛のお不動さま(成田山横浜別院延命院)に参って、お守りを授かってきました!

 

 

コロナ禍でエレベーターが運用停止になってたので、急勾配の階段を登りましたがしんどかった良い運動になりました!

 

苦しい時の神頼み?

 

否!

 

信じる者は救われる!

(こうやってプラスのラベルを貼っていきましょう笑)

 

Copyright© ぬーのが贈る自由への道 , 2022 All Rights Reserved.